東京都公安委員会届出済
無店舗型性風俗特殊営業届出済 第21345号

 

Tel 080-2129-2462

 

24時間営業 / 電話受付(13:00-翌5:00)

 

性の悩み

女風で働く男性セラピストは、ストライクゾーンが広いっ?

女風セラピストの範囲

貴方のストライクゾーンの基準とは…?

年齢?容姿?性格的なもの?お金?

 

 

一般的にストライクゾーンが広いのは、男性よりも女性の方が広いと言われています。この事の理由には、女性の方が精神年齢が高いことが非常に深く関係しています。また、女性の性格的な観点からみても譲歩できる心の広さは精神的な年齢の高さから来る”余裕”の現れとも言われているのです。

 

 

ストライクゾーンの基準とは?

女風セラピストの範囲2

男性のストライクゾーンは、大抵【エロ目線】が関係しています。すなわち「ヤレる」or「ヤレない」

 

女性が男性を見極める時には、内面的な視点をもって観察するのに対し、男性の多くは第一印象から【抱きたい女性】or【圏外な女性】を分類しているとも言われています。安心感や信頼性を第一優先に考える女性に対して、男性の多くは外見が非常に強い基準点とされています。

 

 

抱きたい・抱ける異性

身体が反応するような異性は「ストライクゾーン内」です。視覚から性的な欲求を感じやすい男性は、スタイル・見た目・雰囲気などによって基準点を決定しています。

 

 

友達関係のような「抱きたい異性」とは思ってもいない女性に対しても、ふとした瞬間の女性らしい一面に出くわすと【抱きたい女性】に一瞬で変わってくるのが男性特有な心境です。女性の場合には、徐々に変化してくる心理があるのに対して、男性の場合には一つの出来事で一瞬にして変わってくるのが大きな特徴とも言えます。

 

 

また、女性は性行為をしてから気持ちの変化が訪れる事がありますが、男性の多くは性行為をする前から既に気持ちがハッキリわかっているケースが多くあります。

 

 

自分に対して好意を抱いてくれている相手

男女ともに自分に好意を抱いてくれる相手には、自然と距離が近くなるものです。

 

追う側を好む人がいれば、追われる側を好む人がいるのと同様。本能的に遺伝子を残したいと感じる男性には、後者の追われる側であればストライクゾーンの基準点は大きく引き下がるケースがよくあるのが男性の特徴なんです。

 

 

第一印象は全く興味がなかったけど、好意的と感じてくれていると知った際には自分の手の届く範囲内にキープしておきたいと思うのが男性。都合の良いように扱いたいと思うのは、誰しもが同じ意見でしょう。

 

 

スキになりやすいのは男性

一目惚れしやすいのは圧倒的に男性が多いとされています。女性は内面的な要素を分析して、自分に合う男性なのかを判断します。それに対して男性は、子孫を残そうとする直感だけが勝手に脳裏で働く心理があります。ですので、男性は第一印象から本能的に女性を「恋愛対象」とした目線で見ているとも考えられます。

 

 

男性が一目惚れした際の行動はわかりやすく、じっと目をみつめてきたり、極端なアプローチをされた場合には、その女性に惚れている証拠と判断がつきます。

 

 

「一目惚れしやすいのは男性」
「ストライクゾーンの範囲が広いのは女性」

この両者では似たような印象があります。ですが、根本的な理由を考えると、この2択では大きく異なった理由があるコトがわかります。

 

 

恋愛経験と年齢

年齢を重ねるとストライクゾーンは自然と変化してきます。異性への好みが変わってくる心境と、自分に見合った異性をしっかりと見定める力が備わってくるからです。また、過去の恋愛経験から、嫌な想いをした場合には全くの逆要素をもっている異性に惹かれるタイミングも存在します。

 

 

弱っている時などの判断能力が低下している時などには、特にストライクゾーンは大きくなっている事が考えられます。そんな際の思考は一時的な物にすぎず、ふと我に帰ったときには「なぜあのような異性を受け入れられたのか?」などと、戸惑ってしまう事も。これは、圧倒的に女性に多い心理です。精神的な要素を重視しているからこそ、判断能力が低下している際には、その判断基準値が下がっていると考えられます。

男性に比べて、女性の方が圧倒的に【性行為をした後に後悔する状況】が多いのは、この事からと言えるでしょう・・・

 

 

風俗店で勤務している場合

「異性の裸に慣れてそう…」

「興奮しにくい…」

風俗店でよく聞くあるあるです。

 

好きな相手に対しては、別問題です。

 

仕事柄、異性の裸や性的な行為を多くしていても、好意がある異性の前では心理的に全く異なったスイッチが入るものです。

 

 

自分自身で興奮しづらい身体と思っていても、好意がある異性の前では必ず反応するケースが多いと考えられます。また、真面目な性格をしている人であれば、仕事としてのスイッチが入っている時間帯は、反応しにくい身体になっているケースも多くあります。「お金を支払って頂いている・おもてなししなきゃ・満足させてあげないと」などと脳裏が働くので、自然と自分よりも相手を優先させてしまうのです。

 

お客様ファーストの気持ちは何よりも大切ですが、男性セラピストの身体が反応している事に興奮する女性が多いシチュエーションもあるので、仕事熱心な感情はほどほどに・・・

 

 

-性の悩み
-, , , ,

Copyright© 女性向け風俗店【NEO99】 , 2020 All Rights Reserved.