東京都公安委員会届出済
無店舗型性風俗特殊営業届出済 第21345号

 

Tel 080-2129-2462

 

24時間営業 / 電話受付(13:00-翌5:00)

 

女性用風俗ガイド 性の悩み

女風を利用して感じるジェネレーションギャップ

女性とのジェネレーションギャップ

人間には誰しもが2つの顔を持っていると言われています。

 

「男性は、女性らしい部分」

「女性は、男性らしい部分」

 

 

「S気質な一面」

「M気質な一面」

 

 

「しっかりしていなきゃと感じる自分」

「甘えたいと感じる自分」

 

 

「悪魔と天使」

 

 

日常とは真逆の自分を演じているシチュエーション。そのシーンこそが実は、貴女の本当の内面なのかもしれません・・・

 

 

歳の差セラピストに感じるジェネレーションギャップ

女性とのジェネレーションギャップ2

世代のずれが生じる「ジェネレーションギャップ」

自分の年齢とかけ離れた異性を求めたくなる瞬間があるのは、女性だけとは限りません。一時的な”マイブーム”のような時期が誰にでもあるものです。

 

 

しかし、そんなブームが去る瞬間は決まって
【性的・性格的に合わない】と感じた瞬間が多い。

女性の多くは、いつまで経っても
【若くいたい・若さを保っていたい】と本心では考えています。また、若い男性と一緒に過ごす時間が長ければ、自分自身が若返った”錯覚”に浸れるのが年下セラピストの良い部分。

 

 

逆に年下や若いセラピストを毛嫌いする女性も多くいます。若さ故のパワーについてイケなかったり、そもそもの考え方や思考自体が”青い”などと捉えるケースが多いのでしょう・・・

 

会話に「ずれ」が生じる

テレビの会話・好きな音楽、アーティスト・カラオケに行った際の選曲など・・・

 

 

女性向けの風俗を利用するのはベッドだけの関係ではありません。お気に入りのセラピストが居れば、一緒にデートにお出掛けするのも勿論OK。そんな際に必ず出くわすのが「会話のずれ」

そもそも、育ってきた世代が異なるので、思考や見てきた物が全く異なります。そんな”世代のずれ”からくるすれ違いもよく耳にする問題点です。

 

 

ですが、女性向けの風俗店でベッドだけの関係を続けていくのであれば、さほど問題がない事情なのかもしれません。世代のずれがあるからと言って【会話のずれ=体の相性】には結び付きません。

 

よって、注意が必要なのは【外出する際・日常会話の中】と捉える事ができるでしょう。価値観は、歳の差が広いほど生じるものです。

 

 

言葉遣いのギャップ

年上の男性セラピストをチョイスする際には、言葉遣いや身のこなし方などを見習いたくなる場合が多々あると思います。逆に、一周りも二周りも年下の男性を選んだ際には、言葉遣いなどに違和感を抱いてしまうシチュエーションがあるでしょう。勿論、人にもよりますが・・・・

 

 

言葉遣いは、その男性の内面的な部分を表す大切な【男としての要素】

幼すぎる言葉を使っていたり、流行の言葉遣いばかりを発していると、年上女性にはかなりの違和感を覚えさせてしまうものです。「若いなぁ~」と捉えてくれれば良いですが、「ガキだなぁ~」と思われてしまったら決して次の指名は考えられないでしょう・・・

 

 

その真逆ケースもあります。年上男性のセラピストに対しても【その年齢で、その言葉遣い…?】などと思われてしまうと、男性としてというよりも”人として”尊敬されないです。単細胞な男性と異なり、女性の場合には【尊敬できる要素があるか or 無いか】の判断基準が非常に大切。ですので、男性に求めている大部分には【言葉遣い】が深く関係してきます。

 

 

男性セラピストのキャラクターにあった言葉遣いや、女性のお客様に合わせた言葉のチョイスが出来る男性が”売れっ子セラピスト”になれる可能性を秘めています。【男性は女性によって成長する】という言葉がありますが、成長させてくれるような優しい女性は少数派。お金を支払っている分、完成されている男性セラピストを選びたくなるのが女性の第一心理なんです。

 

 

ファッションの違い

洋服のファッションセンスは勿論、メイクをしている男性が多いこのご時世。女性以上の美意識の高さに驚愕される女性も多いです。日常生活であまり出会えないような男性を選ぶ際には、自分との違いを大いに感じてしまう一面でしょう。

 

 

また、一緒に街を歩きたくないと思われるようなメンズセラピストも稀に存在する事でしょう。女性は、男性ほど世間体や周囲を気にしないとされていますが、それでも最低条件は必ず誰にでもあります。

 

 

女性用の風俗店を利用する際には、ホームページ内の写真やSNS・日記などから男性を選ぶ事が一般的。そうなると、どうしてもファッションセンスなどを感じ取るのが困難な場合が多いです。ホームページ掲載用の写真だけスーツで撮影していたり、バストアップのみで撮影しているケースが多いので全身を見る事が出来ません。そもそも撮影用の写真は盛ってなんぼ!な部分もあるので、現実とのギャップが生じやすいとも捉える事が出来ます。

 

 

将来のビジョンが「ふわふわ」している

結婚をする訳でもない…

恋人になりたい訳でもない…

 

ですが、先の事を考えていない男性に対しては【幻滅】してしまうのが女性の本音と言えるでしょう。幻滅だけならまだしも、信用性や尊敬度にも大きく関係してきます。

一度女性が『しっかりしていなそうな男性』と考え始めたら、その男性を求める事は二度とないでしょう・・・

 

 

一般的に、年上女性が年下男性との関係性の悩みを聞かれた際に多く有る問題点が「将来に関して」ですが、実は逆の年上男性に関してもこの問題は関係しています。

 

 

年下男性の「今が楽しければ良い」的な発想には、【若いからしょうがない】と一歩下がった考えができます。しかし、年上男性のケースではどうでしょうか・・・「とりあえず働いてるだけ」なんて答えが返ってきた日には、男性としてよりも”人間として・大人として”大丈夫なのであろうかと疑問視してしまうケースも・・・

 

 

ある一定の年齢を越えてからであれば、目標や夢などを持たずに「ただ生きているだけ」の人が多数派となります。しかし、何か目標があったり、目指すべきゴールが無い男性を魅力的と考える女性はごく稀と捉える事ができます。恋愛における相手を”魅力的”と感じるポイントは、何かに対して頑張っている異性に特に想う事が多いのが現実ではないであろうか・・・

 

 

自分の老いに気づかされる

「私で良いのか・・・?」
これは、恋人同士だけが感じる疑問ではありません。

同じ空間で、同じ時間を過ごしている男女には、ふと現実的な考えが脳裏に入ってくるケースがあります。年の差があれば、尚更・・・

 

 

そんなふとした瞬間に「私で良いのだろうか?」「自分は年取ったな」「身体の老いが…」なんて感じてしまう瞬間が・・。年の差があればあるほどに実感が湧く”老い”問題。老いだけに限らず、何かとネガティブな方向に意識が向かってしまう兆候もあるでしょう。

 

 

相手は全く気にしていなかったとしても、自分自身が何よりも許せなくなっていたりとするのが乙女心ってヤツですよね・・・

 

 

歳の差で生じる性行為の問題点

性行為でのジェネレーションギャップ

女性専用の風俗を利用して、最も感じる性行為に対しての「ジェネレーションギャップ」

どんな状況やシチュエーションで歳の差を感じているのでしょうか…

 

 

体力の限界地

女性向けの風俗は「男性が女性に対して性的なサービス」を提供します。ですが、中には女性側から攻めたいと思っている人も多くいます。また、長時間でのプレイを希望されている女性も多数いらっしゃいます。そんな際に感じるのが”体力&持続力”

 

 

年上の男性セラピストに対して感じる問題点と、年下男性セラピストに感じる問題点の両方があります。

 

年上男性の場合には、体力・持続力が少ないと感じてしまう瞬間が・・・

年下男性の場合には、元気すぎて自分がついてイケないと思ってしまう場合も・・・

程よいお互いの頻度や時間が必ずあります。伝えずらいシチュエーション時もありますが、マネーを支払っているのだから「もっと」&「もうイイ」を伝えましょう。

 

 

テクニック問題

テクニック問題に関しては2パターン存在しています。まず1つ目が年上男性に対して「テクニックが豊富と期待してしまうコト」

 

 

歳の差があったり、風俗店で働いているのだから『必ずテクニックがある』と思っている女性が非常に多いです。確かに、一般的な男性よりも性的なサービスを仕事としている分、知識が豊富なのは間違いないと言えるでしょう。しかし、人間の体は十人十色であります。ですので、誰でも必ず100%満足させてあげる事は無理でしょう。最初にテクニックがありそうと思ってしまっている分ハードルが急上昇しています。ですので、期待値も高いので、がっかりした際の落ち度も急降下となってしまう事があるでしょう。

 

 

もう1点が「自分の未熟さ問題」

上手すぎる相手に対しては、自然と自分は不釣り合いと感じてしまう場合があります。セラピストが年上であるならさほど感じませんが、年下セラピストなのに自分よりも遥かに経験豊富であるケース。自分の浅さにがっかりしてしまう場合が・・・

 

 

女風を利用する際に、自分に自信が無い時は【全て任せちゃいましょう】プライベートセックスの際には「まぐろ女子」なんて思われますが、風俗店の際にはそれが普通です。一切の心配不要となっています。

 

 

自分本位と捉えてしまう

優しくリードしてくれる男性には思わないです。ですが、年下の男性セラピストと一緒にいる際には、何かと「自分本位だな・・」と思ってしまう瞬間が。そんな疑問が頭を過った際には、そもそもそのメンズとの相性が悪い場合です。

 

 

男性の中には「リードすること」と「強引にすること」などを間違った認識をしている人も多々いらっしゃいます。”優しさ”と”気遣い”の違いも同様に、感覚が異なる男女では決して満足のイク性行為はできません。貴女の性格を理解してくれるメンズを探しましょう!

 

 

これは年下男性だけに限りません。年上の男性セラピストに対しても感じる瞬間があります。年上男性に対して感じる瞬間は「勘違いしてるな…」と、一瞬でも思ったタイミングです。大人の余裕が、間違った「自意識過剰」のように感じる年上男性はダメ男です。また、【女性の扱いに慣れています感】を履き違った年上男性も多数いることでしょう。気を付けましょう!

 

 

体の衰えで萎える

近年、稀に見るスポーツジムがブームです。身体を鍛えている人が多いこのご時世。裸になる職業でもある女性向けの風俗店。そんな時に気になるのが、身体の”老い”でしょう。どんなに日頃から鍛えていても、限界点が必ずあります。お尻のたるみや、二の腕のたるみなど・・・どうしても年齢には逆らえない身体の部位があります。

 

 

男性セラピストに対して思う瞬間があれば、自分自身の老化に悩んでしまうタイミングも・・・・ピチピチな若いセラピストと過ごした後の鏡はちょっと辛い瞬間なのかもしれません。現実逃避をしたいが為に、風俗店を利用しているのに、ふと現実世界に引き戻される瞬間は辛いタイミングなのかもしれません。

 

 

女風なら関係ない!

性感マッサージで感じるジェネレーションギャップ

好みのセラピストや、好きになった男性となら歳の差なんて関係ないです。

 

結婚する訳ぢゃないし、付き合う訳でもないので、その瞬間を楽しんだもの勝ちデス!

 

女性は繊細ですが、案外男性は単細胞ですので気になっていないケースが多いのです。女性側の気にしすぎパターンも大いにあります。

 

 

快楽ポイントを引き出すのは、サービスを提供してくれる相手(セラピスト)の役目。リードする側の腕次第ってことが多いのではないでしょうか・・・

 

-女性用風俗ガイド, 性の悩み
-, , , , , , , ,

Copyright© 女性向け風俗店【NEO99】 , 2020 All Rights Reserved.