女性用風俗ガイド

女風セラピストが本気でお客様に恋をする瞬間…惚れる女性の特徴

女性用風俗のセラピストが本気でお客様に恋をする瞬間…

セラピストって、
お客様に惚れたり恋をしたりするのかなぁ…
なんて考えた事はありませんか?

女性用風俗で働くセラピストも1人の男性です。

 

どんなに仕事熱心であったり、プライベートと仕事を割り切っていたとしても、自然と恋をするものです。

 

では、一体どんなお客様に対して、恋をするのでしょうか。

 

実際の女性向け風俗店である当店の調べを元に、結果報告をこちらの記事内にて発表させて頂きます。

 

セラピストを惚れさせたいなら、
ぜひ参考に♪

セラピストが惚れるお客様の特徴

セラピストが惚れるお客様の特徴

セラピストが本気で惚れるお客様には共通点が存在しています。

 

仕事を忘れて本気で恋をしてしまうという事は、お客様を”女性として見ている”という事になります。

 

誰しもが当てはまる訳ではありませんが、
『お客様』として見られるのではなく、セラピストがお客様を『ひとりの女性』として見るようになるには、お客様側に何かしらの特徴がないと中々そうならないと言えるでしょう。

 

ケチじゃない…お金を使ってくれるお客様

お金を沢山使ってくれるお客様の方が印象に残りやすいのが現実です。

 

セラピストとして働く男性は、ほとんどの場合に報酬の為に働いています。

ですので、お金を沢山使ってくれた方が、印象に残りやすいですし、良い印象を持たれる事が多いのです。

 

女性向け風俗店では、
『多くのお金を使ってくれる=共有する時間が多くなる』のような方程式が出来ます。

 

ですので、長い時間を共に過ごした方が、互いの事を知る事ができるようになりやすいとも考えられるでしょう。

 

また、恋心がある…ない…との思考は別として、多くの金額を使ってくれるお客様に対しては、セラピストは自然と依存してくるものです。

 

売り上げの為に依存する場合もありますが、中には女性として大切な人…などとの認識に変わってくる瞬間があるのかもしれません。

 

どんなに売れっ子セラピストだとしても、自分の為に多くの金額を使って会いに来てくれるお客様には、嬉しい気持ちや感謝の想いから、無意識の内にそのお客様に対して恋心が芽生える…なんて場合も。

 

その他には、経済的に余裕がある人の方が、魅力的と感じるのは男女共に共通している事と言えるでしょう。

 

肩書き・社会的地位・沢山お金を持ってますなどのアピールをしてくる女性に比べると、圧倒的に金銭を使ってくれるお客様の方が好印象を持たれる事が多いのです。

 

出会った当初は、ただのお客様…
としか見ていなかったとしても、時間の経過とともに、女性として意識し始める瞬間がくるかもしれません。

 

男女の関係は、いつ、どんなキッカケで変化するのかは予測不可能なのですから・・・・・・

 

容姿がタイプ

見た目がタイプであれば
恋心を抱くのは当たり前の事。

 

セラピストと客の関係性の前に、
互いにオトコとオンナなのだから…

 

誰でも異性に対してタイプという物が存在しています。そのタイプである女性が目の前に表れたら、セラピストだって恋をしてしまうものです。

 

全てを投げ出してでも、この女性とお付き合いがしたい…そんな感覚を抱かせるようなタイプであれば、セラピストも恋をすると言えるでしょう。

 

女性向け風俗の場合には、見た目がタイプと感じるだけに限らず、身体がタイプ・ファッションがタイプ・声がタイプ…などのように、様々な角度からのタイプが存在してくると言えます。

 

また、第一印象でタイプではないと感じた場合でも、接客を行っていく内に好みに近いと感じれば、そこから恋が始まる場合もあると言えるのです。

 

セラピストとしてではなく、普通の男性として見てくれる

風俗で働く人に対して偏見を持っていないお客様には特別感を感じるものです。

 

他の女性とも身体を交らわせている職業ですので、『そんな男性には恋愛感情が湧かない…』との意見が多数あるかと思います。

 

これは、セラピスト側からも勿論ある思考であり、お客様は諭吉…としか見て居ない場合も多々あるのです。

 

しかし、その中でも女風で働くセラピストとお客様・・・との関係ではなく、男女の関係性を築けそうな印象がある女性に対しては、居心地が良いと感じるのが男性の本音なのです。

 

風俗店で働く人に対して、偏見を持っているお客様の特徴としては『上から目線のような態度』『お金を支払っているのを強調する』『過剰に要求をしてくる』など…があります。このようなお客様に対しては、上下関係が知らぬ間に出来てしまっていますので、恋愛に発展する事は、まず考えられないと言い切れます。

 

対等に扱ってくれるお客様や、風俗店のセラピストという事を意識しない位の女性の方が、セラピストは恋に落ちやすいです。

 

一緒に過ごしている時間にセラピスト側もリラックスが出来て、居心地が良いと感じる相手の方が”オンナ”として見られやすいのかもしれません。

 

趣味、趣向、性癖が合う女性

趣味趣向が合う相手とは、自然と会話が弾むものです。

 

会話が弾むという事は、性格が合うという事。性格が合う異性を恋仲と勝手に意識してしまうようになるのは、男女間ではよくある話。

 

どれだけ容姿がタイプだとしても、会話が弾まないような相手を好む事は考えにくいのです。

 

趣味趣向以外にも、性癖の合致も大切と言えます。これは性風俗店だからこそ、感じるべきポイントなのかもしれません。

 

一般的に男女が恋愛をする際には、付き合った後に性交渉をしたりする順序が一般的とされています。しかし、風俗店で出会った相手とは、すでに裸を見せ合っていたり、性癖を伝えてある関係性となっています。

 

ですので、性に関する相性は、その時点で把握できている事が多いのです。性に関する互いの好みを把握できているからこそ、もっと沢山のプレイを挑戦してみたい…などとも妄想しやすいのかもしれません。

 

男性経験が少ない女性

女性に対して『自分色に染めたい』と感じる男性は非常に多いです。

 

恋愛経験が少ない場合や、性に関する経験が少ないような女性に対しては『もっと色々と体験させたい』なんて思う男前心理が働く場合があるのです。

 

また、経験不足の女性の場合には、どんなプレイをやったとしても、大抵の場合には驚いてくれたり、感動してくれたりするものです。

 

ですので、尽くす系男子や、おもてなし精神が強い男性の場合には、そんな経験不足女性に対して、恋心を抱いてしまうケースも多くあるのです。

 

そのような女性に対して男性は勝手に、『自分が守らなければ…』なんて勘違いを発動してしまう事もよくある話。

 

根が優しい男性ほど、そのような女性に対して惚れやすいとの感情が働くと言われています。

 

基本的に男性の多くは、偉そうにしたい性格だったり、プライドの高さから立場的に優位な位置に立ちたいと考えている場合があります。

そのような性格の男性の場合には、経験少なめ女性はドンピシャの性格なのかもしれませんね。

 

それは惚れられている訳ではない。勘違いしてはいけない行動や仕草

惚れられている訳ではない

セラピストは、あくまでもお金を頂戴して、仕事としてお客様と接しています。

 

報酬が発生しているから、お客様をその気にさせる事(色恋)なども多くあるのです。

 

お金を支払って頂いているからこそ、お客様の気分を上げるような発言や行動をしているだけ…の場合の方が多いのです。

 

ですので、セラピストが言う発言や行動には、必ずしも本気の行動とは言い難いのです。

 

現実を言うと、どちらかと言えば、お金の為にやっている行動の方が多いです。

 

お客様を褒めるのは仕事として

セラピストに褒められたからと言って、それが本音とは限りません。

 

悲しい現実ですが、大抵の場合には、お金の為に褒めているケースが多いのです。

 

どんなにタイプではないお客様だとしても、失礼のないように何かしら褒める箇所を探して、無理やりに褒めているだけのケースが多いです。

 

利用して頂いている以上は、満足してもらえるように無理やりに頑張っているだけのプロとしての対応を取っているだけかもしれません。

 

『私は違う……』なんて思っているお客様ほど、勘違いが多いと言われています。

 

ですので、セラピストからの褒め言葉は、ただの営業トーク位の感覚で受け止めるようにしましょう。

モテる・デキる男は、嘘が上手なのです。

 

これは、女性用風俗店だけに限らず、男性が通う風俗店だったり、キャバクラ、ホストクラブなどでも同様の心理があると言えるでしょう。

 

沼りやすい女性程、鵜呑みにしやすい・騙されやすい傾向があります。

 

『会いたい』は予約して欲しいだけ

セラピストから『会いたい』『次はいつ会える?』などと言われた経験は無いでしょうか?

 

これは、決して本気で貴女に会いたいと思っている訳ではないのです。

 

売り上げや指名が欲しいが為に『会いたい』と言いつつ、予約を取ってもらおうとしているだけです。

 

『こんな私に会いたいって言ってくれて嬉しい』なんて思うのは勘違いです。
止めましょう!

 

プライベートの事をよく聞かれる

プライベートを聞いてくるセラピストは、貴女に興味があるのではなく、懐事情を探っているだけのケースがあります。

月にどのくらいお金が使えるのか…

貯金はあるのか…

仕事は何をしているのか…

収入はどの程度なのか…

など、プライベートな事を聞いてくるセラピストに対して、決して喜びを感じてはいけません。それはきっと、貴女の事を探っている証拠なのです。

『休みの日に何をしていたのか?』などのような簡単な質問だとしても、その答えによっては、普段どのくらいお金を使っているのかを探られている場合があります。

 

単純に、世間話の延長線上で聞いているだけや、他に会話が見当たらないから聞いているだけのケースもありますが・・・・・・

 

自宅の家賃や、最近購入した1番高価な物などの会話が出てきた際には、きっとそれは貴女の金銭感覚を調査しているのです。

 

ボディタッチに意味はない

一般的にボディタッチをしてくる異性は脈有り…なんて事が言われていますが、風俗店に関しては全く何の意味も有りません。

 

仕事柄、触れ合う事が多いですので、触る行為に対して特別な意味は無いと考えられます。

 

また、お客様が触られるのを好むような仕草や対応をしてきた際には、それが嬉しいのだろうなぁ~と思って触ってあげているだけ、なんて事も考えられます。

 

仕事がデキるセラピストは、お客様が喜ぶ・嬉しいような行動を察してする事ができますので、単純にお客様を喜ばそうと思ってやっているだけの事があるのです。

 

プレイが終わった後でも、そのようなイチャイチャ行為や、密着をしてくれているのも、指名が欲しいだけの可能性が高いと言えます。

 

本気で触りたいと思っている可能性は極めて低いと考えられます。

 

あなただけ…特別だよ…は、誰にでも言っている

完全に営業トークの一環としてお客様を特別扱いしているだけの事が多いと言えます。

 

特別感を演出した方が、リピートさせやすいと考えていたり、予約をしてくれるだろうと思っているセラピストは非常に多いです。

 

ですが、女性としても、やはり自分だけの特別感は嬉しいと感じるのではないでしょうか。

 

嘘だとわかっていたとしても、やはり好みのセラピストが特別感を演出してくれるのは、喜ばずにはいられないと感じるものなのでしょう。

 

セラピストがお客様に対して言う『特別』『あなただけ』の言葉は、魔法のような威力を持っていますが、その威力が効果的とわかっているからこそ、お客様にあえて言っているのです。

 

心に残る印象的なお客様とは

心に残る印象的なお客様とは

印象に残る・好印象と感じる・本気で嬉しい…

 

セラピストがこのように感じるお客様の特徴や行動をご紹介!

 

遠方から会いに来てくれる

自分の為に時間を掛けて、わざわざ遠方から会いに来てくれるお客様に対しては、無条件で嬉しいと感じます。

 

Twitterやホームページなどを閲覧してくれて、その情報だけでわざわざ来てくれるなんて、誰でも嬉しいと感じずにはいられない行動と言えるでしょう。

 

また、女性向け風俗の場合には、逆に交通費などを頂戴して、遠方から予約を取ってくれる場合もあります。それもまた同様に嬉しいと感じる行為です。

 

サプライズをしてくれる

記念日、誕生日、イベント毎など…

お客様からのサプライズは、やはりセラピストは嬉しいと感じるものです。

 

いつもはセラピストがお客様に対して、満足感を与える側であるのにも関わらず、お客様側から驚かされるような行為は、純粋に嬉しいと感じるものです。

 

自分の為に予め用意してくれた行為は、セラピストだけに限らず、誰でも嬉しいと感じる行為ですね。

 

ギャップがあるお客様

セラピストとしてではなく、人としてギャップを持っている人物に対しては、誰しもが印象に残りやすいと言われいます。

 

お客様に対しても、同様の心理が働き、ギャップがある女性に対しては、何か心に残るものがあるのではないでしょうか。

 

カウンセリングの際と、プレイが始まった時のギャップ…見た目と裏腹に行為中はエロかった…などのように、ギャップはプラスに働く事の方が圧倒的に多いのです。

 

単純に出会った最初は緊張していただけ…なんて事も考えられますが、そのギャップが男性には萌え行動と映る場合があるのです。

 

気遣い、心遣いのある女性

お金を払っているのだから…などと横柄な対応を取らず、セラピストに対する気遣いがある女性は、人として魅力的と感じるものです。

 

仕事柄、セラピストはお客様に気を配る事が多いと思います。

 

ですので、そんな中で逆に気遣ってくれるような女性には、やはり好印象があるのではないでしょうか。

 

また、セラピストの体調などにも心遣いを見せるお客様は少数派ですので、セラピスト自身もそのようなお客様を大切にしようと考えるのではないでしょうか。

 

まとめ

セラピストだって、一人の男性なのです。

恋をする時もあれば、一目惚れをする場合もあると考えられるでしょう。

-女性用風俗ガイド
-,