性の悩み

男性がエッチをしたくない時って、どんな時?拒否する男性の心理とは

男性がエッチをしたくない時

女性だけじゃない…男性だってエッチがしたくない時があるんです。

 

基本的に、このような「したくない日」などに関する事は、女性が主体となった問題定義が多いかと思います。

 

しかし、男性主体の思考を探ってみると、意外と女性と共通している事実があるのです。

 

男性がエッチを拒否する理由は、なに?

エッチを拒否する時

セックスレスやマンネリになってしまう原因の一つとして”タイミング”が上げられる場合があります。

 

恋人同士や夫婦感でのタイミングが合わない事により、お互いに距離ができてしまうこと。

 

片一方が『したい』と考えていても、相手がしたい気分になっていない場合など・・・

 

お互いのタイミングがズレ始めてしまったら、それはレスへの第一歩なのかもしれません。

 

相手のタイミングをしっかりと見極めて、したい時にしっかりと性交渉を楽しみましょう!

 

心身ともに疲れているとき

男性は心理的(精神的)に疲れを感じている時には、性的欲求が極端に減る場合があります。

 

脳内に悩み事や、心配事などがある際には、男性器自体が反応してくれない時だってあるのです。

 

気持ち的には、女性を喜ばせてあげたい…と考えていても身体が反応を起こさない事だってあるのです。

 

女性からすると、男性器が勃起をしないとショックを受けてしまいますが、これは女性に対して魅力を感じていない訳ではないのです。

 

精神的に弱っている時には、ソッとしてやる思いやりも大切なのかもしれません。

 

また、精神的ではなく身体的に疲れを感じている場合も同様の事が言えます。

 

若い10代~20代の男性であれば、多少の疲労感があったとしても雰囲気が盛り上がってくれば、その場に合わせて行為が可能となる場合があります。

 

しかし、年齢を重ねるにつれて、男性は性欲が低下していきますので、疲れているけど「したい」と考えるのは若者男性だけの特権なのかもしれません。

 

個人差もありますが、年がら年中エッチな行為をしたいと考えているのは、若い男性だけ!

 

相手に対して性的に興奮しなくなったとき

付き合いが長くなってきた際に、よく起こる「慣れ」問題です。

 

男性にも女性にも同様の心理があるように「いつもの流れ」「決まったパターン」「お決まり体位」などのように、今後の展開がわかりきってしまっている相手に対しては、性的な興奮を感じにくくなってくるのが人間の本性です。

 

また、婚約をしていたり、同棲している間柄であれば『いつでもできるし、今日じゃなくても…』なんて発想になることも。

 

慣れから生まれるその他によくある男性側の思考としては『身体に飽きる(慣れる)』なんて事も良く聞く話。

 

互いの裸を見慣れてくると、性的な興奮を感じなくなってしまったり、相手の欠点が目に付くようになってしまったりと・・・

 

そのような状況が続くと、相手の事が『女性』ではなく『パートナー』としての視点に切り替わってしまうケースが多いのです。

 

他に気になる異性が存在するとき

比較人物が存在してしまうと、無意識にそちらに気持ちが偏ってしまうのが男性心理。

 

女性のように気持ちの切り替えが上手ではないのが一般的な男性の性格です。

 

ですので、脳内に別の女性の影がある場合には、エッチをしたいと思わなくなってしまうケースがあるのです。

 

『好き』という感情と『性欲』は、別物と考えている人も沢山存在します。

 

ですが、気持ちの切り替えが下手な男性であったり、純粋な一途男子には2頭を追う事ができないのが現実とされています。

 

一度してみて性の相性が合わないと思った相手

エッチの相性はとても大切です。

 

エッチの最中だけに限らず、会話の内容やキスの感触なども同様に相性が存在しています。

 

この”相性が合わない相手”に対しては、中々性的な欲求が高まる事がないのです。

 

女性だけが気持ちいいと感じるケースがあったり、男性だけが最高なパートナーと考えていたとしても、それが実際に当てはまっているのかは別問題。

 

相手が合わせてくれているだけの場合も大いに考えられます。

 

男性はその場の性欲だけで行動する人も沢山いるので、相性が悪い場合には、セフレという関係性を望むことが多くあります。

 

しかし、女性の場合には、相性が合わないと感じた相手とは、会う事すらなくなるのがリアルな男女間の関係性なのではないでしょうか。

 

1人でしたいとき

男性には『1人オナニー派』が存在しています。

 

公表していないだけで、かなりの人数が1人派とされているのです。

 

パートナーがいるにも関わらず、1人での行為をしたいと考えるのには、相手とのセックスよりも自分の手の方が気持ちいいと感じてしまう事が最もな原因なのです。

 

1人でしたい時があれば、異性を求めてしまう時もある…そんな思考は男女ともに一緒なのかもしれません。

出かけるのが面倒…

相手のテクニックがあまりない…

早く終わらせたい…

1人だけでこっそりしたい…

このような気分の時には、1人での行為に軍配が上がってしまうのが男性の心理と言えるでしょう。

 

時間に追われているとき

時間があまりないときに『急いでしたくない』と考える男性も存在しています。

 

若くて性欲が強い男性の場合には、時間よりもセックス!なんて思考が働いている人も居るでしょう。

 

しかし、性的欲求が自分の優先順位で低い場合には、『そんな時にわざわざしなくても…』などのような冷静な思考が働く場合があるのです。

 

逆に時間がない時だからこそ”したくなる”なんて人もいますが、どのような要件の時間に追われているか、などの状況によって異なると言えるでしょう。

 

性的欲求が強い男性の場合には、どんな用事よりも必ずセックスを優先すると言えるでしょう。女性も一緒ですが………

 

断った後の男性は何を考えているの?

女性からの誘いを断るのには色々な理由があります。

 

では、断った後には、男性はどんな事を考えているのでしょうか・・・

 

大抵の場合には、こちらの2パターンの事を考えていると言えます。

 

申し訳ないと思っている

せっかく誘ってくれたのに断ってしまって申し訳ないと感じているケースがあります。

 

行為自体を断った場合や、しようと思ったけど男性器が反応をしなかった場合などには、罪悪感のような謝罪の気持ちが表れてきます。

 

男性器が反応をしなかった場合には、この事がトラウマとなって、次回も無反応になってしまうケースがあるのです。これが続くとEDへとなってしまうんです。

 

そんな男性を女性は優しく見守ってあげましょう。

 

面倒くさいと感じている

言われる事に嫌気が差している場合があったり、行為自体が面倒くさいと感じていたり…

 

男性の断り方があまりにも酷い場合には、女性から誘う事が苦手になってしまう人が沢山います。

 

男性は、断るとしても優しく断ってあげましょう。

 

また、男性がしたくないと思っている時には、しつこくするのは逆効果となってしまう事があるので気を付けましょう。

 

「したくない」のは気持ちの問題

男性がしたくないと考えている時の原因は、性交渉を行うパートナーに問題がある訳だけではありません。

 

精神的…心理的…肉体的…などのように理由は人それぞれあるのです。

 

男性に断られて、断られた理由が気になる方は、ソッと優しく訪ねてみて下さい。

 

しつこく聞いてしまうと、嫌がられてしまうので優しくね♪

 

素敵なパートナーと素敵なエッチを沢山楽しんでください!

 

したい時に、パートナーが居ない方は、ぜひ当店で!

 

御予約を心よりお待ちしております。

-性の悩み
-,