女性にとって風俗とは?男を買う…時間を買う…サービスを買う

  女性用風俗ガイド

女性の買うとは

男性は風俗店における女性選びに対し、
抵抗を感じていない人が多いと言われている。

 

これは風俗店だけに限らず、キャバクラやガールズバーなどの女性を選ぶ権利があるお店も同様と言えるでしょう。

 

一方、女性は男性を選ぶのに強く抵抗を感じるコトがある。性風俗店だけに限らず、ホストクラブや出会いアプリでの女性側から男性を選べる権利があるシチュエーションも同様と呼べるでしょう…

 

この違いには、育ってきた環境による
「性に対する接し方」が現在の男女での思考の違いを生んでいるのであろうと考えられます。

 

女性にとっての風俗店の選択肢

女性にとっての選択肢

なぜ男性にとって、女性選びに抵抗を感じないのでしょうか・・・・

 

男性は生活をしていく上で、自然と女性を選べる環境が整っているケースが多いと考えられます。

●アダルト動画を観る際にも、自分好みの女性を選択し、1人での性的行為を及ぼす事が簡単に可能となっている。

●お金を支払うことにより、好きな女性との関係を保っている大人が多い。いわばパパ活や援助関係などによるもの。

●特殊な性癖をもっていたとしても、様々なタイプの風俗店から、自分好みのお店を選択する事が可能となっている。

このように男性にとっては、女性を選ぶことに対する慣れであったり、育ってきている環境によって、女性は選べるのだと無意識の内に刷り込まれながら生活を送ってきていると考えられます。

 

しかし、それに比べて女性の場合には、どうでしょうか。

 

性的な感情に関することは、とてもナイーブとされており、表面化されていないのがこのご時世と呼べますよね。

 

また、唯一の選択肢とも言われるホストクラブであったとしても、周囲には理解されないコトも非常に多く、男性を選べる環境があまりにも少ないのが現状と言えます。

 

そのような環境による違いから、女性は男性を選ぶ行為自体に「背徳感」や「罪悪感」、「恥ずかしさ」などを抱えてしまっているのが、ごく一般的な女性心理とされています。

 

いざ、好みの男性を自由に選んで良いと言われたとしても、女性は無意識の内に「悪い事をしているような感覚」に襲われてしまうことがあります。

 

男性を買うとは?

女性用の風俗店に対して「男性を買う」との表現方法を持ちいっている人には、ある共通点が存在しています。

 

それは、サービスを体験したコトの無い人による表現方法と言えるでしょう。

 

”女性向け”だけに限らず、自分好みで人を選んでサービスを受ける風俗店などでは、お店を利用している当の本人からすると「お金で買っている」との感覚がある人は、ごく稀なのではないでしょうか。

 

この「人を買う」との表現は、広告における宣伝用語であったり、人の関心を引き付ける為の言葉でしかないと言えるでしょう。

 

風俗店だけに限らず、ホストクラブで「男性を買っている」との感覚がある人もあまりいないのも同様ですし、男性に向けた性風俗店やキャバクラなどでも同じように「女性を買っている」との認識は、まずないと言い切れるでしょう。

 

時間を買うとの認識

好みの男性セラピストと一緒に過ごす
「時間を買っている」との認識を持っている女性には、共通点があります。

 

それは、男性セラピストに対して「好き」などの恋愛的な感情を持っている場合に「時間を買っている」との心理的な認識になるコトがあるんです。

 

日常では出会えるコトが無いようなイケメンや、テクニシャンなど・・・・・
「お店だからこそ、出会えている」のように思う感覚がある女性は、女性風俗店に対して「一緒に過ごす時間を買っている」との心理になりえると言えます。

 

「恋をしている」

「会いたい」

「一緒に過ごしたい」

これらのような感情がある場合に、女性は”時間を買う”との心理的な認識になるんです。

 

それに対して男性の場合には、
「時間を買う」との表現方法は、一般的にビジネスにおける用語としての利用が多くあり、対人間に対しては「時間を買う」との感覚になるケースはあまり無いとも言えるでしょう。

 

サービスの対価としての価格

一般的な職業に対する考え方としては、この「サービスにおける料金」としての認識が通常と言えるでしょう。

 

それは、人を選べる風俗店でも同様と言えます。

 

エッチな行為をしたいが為に風俗店を利用するのが、ごく普通な流れかと思います。

 

性的な欲求を埋めたい、満たしたい…との感覚を「お金を支払い満足させてもらえる」というのが、性風俗店としての有り方と呼べるでしょう。

 

「性的欲求を満たして欲しい」

「エッチな事がしたい」

「素敵なイケメン男性に癒されたい」

「現実逃避ができるような空間が好き」

「男性と触れ合いたい」

などのような心に空いた小さな穴を埋め合わせてくれるサービス自体も、サービスの対価と呼べるでしょう。

 

また、女性向けの風俗店では、男性のように「射精がしたいが為」の利用方法以外にも、様々な用途があると考えられます。

 

しかし、その様々な利用用途というのが女性にとっての一種の「性的欲求処理」なのかもしれません。

 

風俗店の考え方まとめ

風俗店の考え方まとめ

結局何が言いたいかと言うと・・・・

 

貴女にとって、
満足と感じる風俗店の利用方法を選ぶべきであり、料金に見合ったお金の使い道と思えるような男性セラピストと過ごしましょう。
そして過ごして欲しいと考えております。

 

当店もお客様がそのように感じてくれる為に精一杯運営を行わせて頂いております。興味があれば、ぜひ女性用風俗をご利用下さい!