【女性用風俗の疑問】性感マッサージの最中は喋って良いの…?!

  女性用風俗ガイド

無言の女性用風俗

性感マッサージの最中に、無言になる瞬間てありません?

あの瞬間は、皆様、何をお考え・・・・??

「エッチなこと?」

「これからのこと?」

「妄想中?」

「無???」

 

気まずい雰囲気を上手にエッチな展開にもっていってくれるセラピストも居ますが、中には自然と気まず~い雰囲気となってしまう場合も。

 

セラピストのテクニックの問題も十分に考えられますが、女性用風俗自体が初めて利用であれば、会話や目線に困ってしまうのが当たり前!

 

そこでっ、、、、

性感マッサージ及び、アロママッサージ中などの、サービスを受けている最中の会話についての疑問を徹底解剖!

 

性感マッサージの最中の無言が気まずい…

セラピストの無言

結論としては

「自由でOK!」

という事が正解です。

 

特に、このようにしなさいなどの決まりがある訳ではなく、利用料金を支払っているお客様の自由で問題ありません。

 

沢山お喋りしても、雰囲気に浸っても、どちらでも大丈夫です。

 

では、なぜ女性用風俗店のセラピストさんが無言になる瞬間が存在するのでしょうか。

 

その理由には、セラピスト独自の理由が存在しているのです。

 

ワザと無言を演出しているケース

女性側が、自然と雰囲気に身を任せられるように、あえて無言を演出しているセラピストさんが居ると言えるでしょう。

 

プライベートエッチの最中にも、会話を嫌う男女は多く存在しています。

 

そのことから、ワザと無言の空間を演出して、エッチな行為に集中できるようにしてくれている
”優しさ”からの無言なのかもしれませんね。

 

あなたは無言派?

それとも、お喋りしたい派?

仮に、担当セラピストさんから逆の行動を取られていたとしたら、一言伝えてみては?

 

夢中になっている新人セラピスト

●一生懸命になりすぎているセラピスト…

●入店したばっかりの新人セラピスト…

●緊張しているセラピスト…

●尽くしてあげたいとの気持ちが強いセラピスト…

など。。このような男性セラピストは、自然と無言になってしまうケースが考えられます。

 

自分の欲求だけを追求している理由からの無言男性は好まれないですが、このような「女性を想っているからこその無言」が女性用風俗店では発生するケースが大いにあるんです。

 

「一生懸命にしてくれてありがとう」と優しい気持ちで見守ってあげましょう。尽くされ過ぎている事に申し訳なさや、抵抗を感じるのであれば、次回からは気軽に対応してくれるセラピストさんを探してみましょう。

 

会話で癒しを提供するセラピスト

女性が性風俗店を利用する理由には、性的欲求の改善以外にも、話しを聞いてほしい。会話相手が欲しい。愚痴を聞いて欲しい。などの精神的な観点からの理由が沢山あります。

 

男性が足を運ぶ性風俗店では、第一に射精目的が最も多い理由ですが、女性向けの性風俗店の場合には、異なり理由からの利用があります。

 

ですので、マッサージや、性的行為は勿論、会話での癒しを求める女性も多からず存在しているのです。

 

ですので、
前者のように無言とはかけ離れて居る「ずっと会話をし続けてくれるお喋りセラピスト」も存在しているのです。

 

美容室や、マッサージ・ネイルサロンに行った際などと同様に、会話を楽しみたいと感じる女性は、こちらのような会話重視のセラピストさんがお勧めなのかもしれません。

 

「無言が苦手」と感じる女性は、会話に定評があるセラピストさんを指名してみましょう。

 

きっと、親しみやすいムードで女性を癒してくれることに違いないでしょう。

 

緊張を和らげる為の優しさ

単純に、気遣ってくれている場合からの対応も考えられます。

●緊張を緩和させる為、

●その場に慣れるようにしてくれる為、

●性感に集中できるようにしてくれる気配り、

●マッサージを堪能してもらいたいから・・・・

きっと、それは、あなたの事を考えているからこその無言の可能性も考えられます。

 

素直に聞いてみるのも一つの手段なのかもしれません。

「あの瞬間、何考えていたの?」なんてアフタートークで聞いてみるのも有りだと思います。

 

まとめ

ランキング上位のセラピストにもなれば、女性の呼吸に合わせた対応を施してくれる人も存在しているでしょう。

しかし、男女の相性に初対面から完璧に気配りができる男性はごく稀なケースとも考えられます。

 

あなたに合った、ベストマッチなイケメンセラピストさんを探してみて下さい。

 

あなた好みの”推しセラピスト”とエッチでロマンチックな体験を・・・・